交通事故示談を弁護士に相談しないといけない3つの理由

ご相談者からのお喜びの声

埼玉県 坂井雄一様(仮名) 画像

10対0で過失無しでしたが、相手の弁護士に不当請求だと言われました。
ケガで働けず、あの頃は切羽詰まっていました 。
▶詳細はこちら

本橋(仮名) 様 画像

ムチウチによる後遺障害14級が認定。専業主婦の休業補償も認められ、当初提示された174万円の示談金を394万円に増額して頂きました。
▶詳細はこちら

奈良本 隆様(仮名)様 画像

”後遺障害10級7号、示談金603万円”これが正当な補償なのか不安でしたが、澤井さんに代理交渉をお願いし、1500万円まで増額することが出来ました。
▶詳細はこちら

「ご相談者の声」詳細はこち

いますぐ確認、弁護士特約へ加入されていれば300万円を限度に弁護士費用を補償

弁護士費用特約というのは、自動車保険における特約の一つです。

相手方との示談交渉を弁護士に依頼する場合や、調停・民事裁判になった場合に必要な弁護士費用を300万円を限度に補償するという特約です。

ご自身やご家族が、この特約の対象であるかは、現在ご加入の任意保険証にて確認する事ができます。

また、自動車保険の弁護士特約に加入されていなくても、ご加入の損害保険の中で弁護士特約に加入されていれば、交通事故でも使用することができます。

▶「弁護士費用特約」の詳細はこちら

交通事故被害に遭われて弁護士に相談しないとどうなるの?

通常、交通事故の被害に遭われた場合、加害者が加入している保険会社の担当者と示談交渉をします。そして、保険会社の担当者は、示談交渉の際、自社の基準に従って損害賠償金額を提示してきます。

しかし、保険会社側から提示される金額は、正当な損害賠償金額(裁判を起こせば認められる金額)を大きく下回っているケースが珍しくありません。

ただ、いくら正当な損害賠償金額を下回っていたとしても、いったん示談をしてしまえば、後から不足分を追加で請求することはできません。 

弁護士が介入した事例で示談金を比較

交渉ポイント 事案の概要
賠償総額
弁護士介入により、短期間で(受任から和解成立まで3ヶ月弱)大幅な賠償額の増額を勝ち得た。
自分で交渉した時点と弁護士介入後の比較
交渉ポイント 事案の概要
逸失利益
左方から走行してきた加害車両が交差点を右折しようとしたところ、スリップしたため、交差点で赤信号停車中の被害車両に衝突したという事故。 争点は、正社員とアルバイトを兼業している被害者の逸失利益にあった。被害者が兼業していたアルバイト先に協力をいただくなどした結果、兼業アルバイトについても逸失利益が認められた事例。
自分で交渉した時点と弁護士介入後の比較
交渉ポイント 事案の概要
休業損害(主婦)
被害者は専業主婦であったが、休業損害の交渉により当初の賠償額の提示から大幅な増額を勝ち得た。
自分で交渉した時点と弁護士介入後の比較
交渉ポイント 事案の概要
後遺障害
バイクで信号待ち後、走り出して間もなく後ろから来た車輌にはねられる。保険会社からは示談を求められたが、治療を続け、後に後遺障害12級が認定された。
自分で交渉した時点と弁護士介入後の比較

※提示前に別途治療費や休業損害等が支払われている場合があります。

▶ 「示談交渉、解決事例」の詳細はこちら

弁護士費用によって費用倒れする場合は、お勧め致しません

事故や怪我の状況はさまざまケースがありますので、弁護士に頼んだ方が良いケースもあれば、頼まない方が良いケースもございます。弁護士費用によって費用倒れするようなケースは、お勧めいたしません。

弁護士費用特約への加入

▶ 事例別シミュレーションはこちら

ご加入の任意保険を確認し、弁護士費用特約が付いていれば、保険会社から弁護士費用が支払われますので、ご本人の負担はありません。この場合は、弁護士に委任されることをおすすめします。

尚、ご本人が加入されていなくても、ご家族の所有する車が加入されていれば、特約を受けられるケースもございますので、加入されている任意保険会社へご確認されることをお勧めします。

当事務所の弁護士に相談するメリット 相談しないデメリット

交通事故の被害に遭われたら、示談をする前に当事務所にご相談ください。交通事故に詳しい弁護士が対応いたします。

相談しないで個人で示談交渉するデメリット

  • 交渉時に示談金を安く見積もられる可能性が高い。
  • 保険会社は知識・経験のある弁護士を立てるため個人では不利。
  • 自分で示談金や交渉についての専門知識を勉強しないといけない。
  • 交渉によるストレスで精神的に疲れる。

弊社の弁護士に示談交渉を依頼するメリット

  • 初期対応から弁護士が直接担当するので適切なアドバイスが受けられる。
  • 知識・経験豊富な弁護士が交渉するため正当な示談金を受け取れる可能性が高い。
  • 交渉によるストレスから解放される。
  • 被害者の権利・示談交渉の手続き等の説明を受けることが出来る。
  • 示談交渉は全て当事務所が行うので安心できる。
  • 専門知識を持った弁護士による協力体制で悩みを解決できる。

▶ 示談金が低額になる恐れはこちら

事故発生から示談解決までの流れ

当事務所では後遺障害の等級に関係なくご相談いただけます。皆様がけがの治療に専念でき、安心して生活できるように、
私たちが徹底サポートいたしますので交通事故直後からのお早めのご相談をお勧めしております。

事故発生から示談解決までの流れ

▶ 事故発生から示談解決までの流れ

交通事故相談室5つの安心

交通事故相談室の安心 その1

弁護士による無料相談

1:弁護士による個別相談

弁護士による交通事故相談室では【交通事故被害者との個別相談】を実施しております。
完全予約制ですのでまずはお気軽にお電話ください。
担当の弁護士があなたのお悩みを解決します。

▶ 個別相談のお申し込みはこちら

交通事故相談室の安心 その2

着手金・相談料が無料

2:着手金・相談料が無料

着手金とは、交通事故 事件の依頼を受けるとき必要なお金です。 当事務所では、原則として着手金は無料、初めての個別相談も無料でお受けしています。 (事案が複雑なケースなど、特殊な場合は別途ご相談させて頂きます。)

▶ 示談交渉の費用についてはこちら

交通事故相談室の安心 その3

示談金200%UP以上の実績

3:示談金200%UP以上の実績

いくら正当な損害賠償金額を下回っていたとしても、いったん示談をしてしまえば、後から不足分を追加で請求することはできません。金額の妥当性については当事務所の交通事故専門の交通事故に詳しい弁護士に(出来ればお怪我の治療が終了する前に)ご相談下さい。

▶ 解決事例のご紹介はこちら

交通事故相談室の安心 その4

等級関係なくご相談できます。

4:等級関係なくご相談できます。

自賠責保険では、後遺障害が14の等級に分かれており、等級が1つでも上がれば、補償される額も上がる仕組みとなっています。 当事務所では、等級の高低関係なく、あなたがけがの治療に専念でき、安心して生活できるように、私たちが徹底サポートいたします。

▶ 等級による慰謝料についての詳細はこちら

交通事故相談室の安心 その5

半蔵門駅から徒歩1分

5:半蔵門駅から徒歩1分

東京メトロ半蔵門駅5番出口から徒歩1分のアクセスの便利な立地に位置しております。交通事故示談に関するトラブルでお悩みの方、一人で悩まずお気軽にご相談ください。

▶ 当事務所のアクセス方法はこちら

弁護士のご紹介

山口準子 弁護士

代表弁護士 山口準子

所属:東京第一弁護士会
【経歴】
外資系航空会社勤務
平成18年 弁護士登録
日本弁護士連合会高齢者・障害者の権利に関する委員会委員
第一東京弁護士会成年後見に関する委員会委員

澤井敦弘 弁護士

弁護士 澤井敦弘

所属:東京第一弁護士会
【経歴】
大阪大学法学部卒業 
首都大学東京法科大学院卒業
平成24年12月 最高裁判所 司法研修所修了
       (新第65期司法修習生)
平成24年1月 悠綜合法律事務所入所
平成25年2月 弁護士登録

中山美恵子 弁護士

弁護士 中山美恵子

所属:東京第一弁護士会
【経歴】
外資系生命保険会社(AFLAC)に約11年間勤務
平成15年(2003年)10月 弁護士登録(第一東京弁護士会)
平成15年(2003年)10月 真法律会計事務所 勤務弁護士
平成22年(2010年) 4月 悠綜合法律事務所 パートナー弁護士


▶ 弁護士の紹介はこちら

事務所案内

東京メトロ 半蔵門駅から徒歩1分
交通事故示談のことならどんなことでもお気軽にお問い合わせください。

事務所は好アクセスの立地 東京メトロ 半蔵門駅から徒歩1分

電車でお越しの方
東京メトロ 半蔵門駅5番出口より徒歩1分。道順がご不明な場合はお気軽にお問い合わせください。
電話番号:03-5211-3903
お車でお越しの方
お車でお越しのお客様は近隣のタイムパーキングをご利用いただくようお願いしております。
当事務所にはお客様専用の駐車場はございませんので予め御了承ください。
〒102-0082 東京都千代田区一番町11-5 ファミリア一番町303

▶ 事務所案内・交通アクセスはこちら


交通事故示談解決でお困りの方へ

当事務所の弁護士にご依頼いただければ、保険会社の担当者との交渉をするストレスから解放される上、多くの場合、裁判をしなくても、正当な損害賠金を勝ち取る事ができます。

なお、当事務所では、できる限り、弁護士報酬を支払うことによる「費用倒れ」にならないよう配慮をしておりますが、それでも「費用倒れ」のおそれがある場合には、その旨ご説明いたしますので、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

個別相談ご予約はこちら

ご質問・お問い合わせはこちら